LINE公式アカウントカスタマイズ

集客から成約まで自動化するフルオートメーション

集客でお悩みはありませんか??

ビジネスをされてる方の、約9割の方が集客に困っている現状があります。

理由1 顧客の情報管理するリスト化ができていない

沢山の人達と出会うけども、一人一人のニーズやウォントを把握してないままに、営業をかけてしまうことで、自身の商品やサービスの話ができる人が知らず知らず知らずの内に、減ってしまっています

理由2 自分の商品・サービスが何の問題を解決できるか明確に伝えれてない

お客様となる人は、あなたの商品やサービスについては、知識がほとんどないと言っても過言ではありません。沢山のメリットよりも、何の問題に対して、何が解決できるのか?を、明確に伝えることが必要です。

理由3 お客様に自社商品やサービス情報が直接届く媒体やツールがない

お客様となる人を集客した後、見込顧客が誰なのか?を、把握することが重要です。見込顧客の成約率は6〜10倍違うと言われてます。見込顧客に直接、自社商品やサービスを届ける媒体やツールがあることは、継続してビジネスをする上で、とても重要です。

LINE公式アカウントをビジネスに取り入れるとどうなるのでしょうか?

お客様の声

m.iさん

m.iさん

業務用スーパーの社員教育をデジタル化の一環として、社内連絡や報告、新人研修の資料などを全てLINE公式アカウントカスタマイズして取り組みました。ペーパーレス、そして、社員個人個人がその場でトラブルがあれば報告できる、知りたい内容の資料が確認できるなど業務効率が上がり、社員からも好評です。

y.oさん

y.oさん

物販コンサルをしています。
LINE
で集客から成約までのプロモーションと構築をしていただきました。今まで、フロント商品の成約までも何度もAPOを取り、一人一人対応していましたが、商品の成約までを完全に自動化。
予約や決済からの対応も全て自動化できました。特に何もしなくても良いこと、途中、離脱したお客様にも再アプローチできることが最大のメリットです。今後のビジネスの拡大に期待が持てます。

あなたがやることは、

友だち登録に集中するだけで、あとは自動で働いてくれます。

どうして、LINE公式アカウントを使って自動化できるのか?

それはLINEのユーザーが日本人約9000万人が使ってるアプリだからです。日々、チャットを使ってるので、LINEが日常化していることにより、LINEから情報を受け取ることが一般化され違和感がないからです。
その中で、見込顧客を発見して、見込顧客のニーズに合った配信をできるので、お客様から相談が来るようになるからです。

r.mさん

r.mさん

コンサル事業をしていて、なんとなくLINE公式アカウントをビジネスに取り入れたらいいんだろうなと思って、相談した所、あらゆることができる機能の多さにびっくりしました。また、LINEマーケティングを取り入れて構築していただいて、友だち登録されてる方の40%がサービスを受けていただけてとてもびっくりしています。

LINE公式アカウントカスタマイズのサービス

無料相談

LINE公式アカウントで一体何ができるの??
こちらの疑問にお応えします!!
想像を超える高機能に相談された方はびっくりされることが多いです。
ビジネスの動線、顧客様への配信、属性分け、顧客管理など考えられるてる方は一度相談してみてください。

LINE公式アカウント作成

まずはお試しで一度LINE公式アカウントを作ってみましょう!
お客様の囲い込みや情報配信ツールとして持っておくことで、SNSやLPなどにもお客様を誘導できます。

費用:5000円~

セグメント配信ツール制作

お客様が購入されてるサービスに応じて配信情報を変更できます。
お客様の求めてる情報だけを配信できます。

費用:30000円~

自動回答ツール

LINE公式アカウントで顧客情報の管理(カルテや申し込み情報)からお客様とのやり取りを一括管理がしたい人はコレ!
お客様の書類として印刷まで、できてしまいます。

費用:30000円~

実際に話をしてるかのように、自動でお客様の対応をしてくれます。

Aの内容はBの対応をするようにあらかじめ設定ができます。
また、返答内容もこちらで決めれるボタンしきなので、お客様は楽しくてついつい押してしまいます。また、お客様のアクションによって、その後の配信なども自動で変えることもできるので、興味のある情報を常に届けることが可能です。

ZOOMを使えばワンストップで、お客様にオファーをかけれます。

友だち登録後は、お客様からの予約を待つだけ。
まずは関わってもらうための体験やお試しをゴールに構築します。物販なら配送、情報商材ならZOOMを使えば全国どこでも対応できます。

構築は当たり前、LINEマーケティングを取り入れたサポートがついてきます。

お客様の相談で多いものが、高機能すぎて何をどう触ったらいいかわからないと言うことで、LINE公式アカウントをビジネスに取り入れることを諦めてる方が非常に多いです。
私はLINE公式アカウントの使い方の部分に時間をかけて欲しくないのです。

なので、相談はビジネスをどのようにしてるのか?マーケティングはどのようにされてるのか?
の実践的な相談をした後に、雛形を作ります。お客様にしていただくことは、画像とテキストのみいただいてます。
構築だけでも喜んでいただけてますが、マーケティングを取り入れた実践的な構築の方が結果が出やすいです。
配信の種類、教育の6要素、テキスト、動画の構成などもサポートさせていただいてます。